中古車買取 リサイクル料

中古車買取の時のリサイクル料について

 

リサイクル料は、車の購入時、もしくは未納の場合は車検時に収める、と言う事が2005年から行われています。既に今公道を走っている車は全てリサイクル料を納めている車のみとなっています。

 

抑々リリサイクル料とは、車を廃車にする時に必要なもので、この費用を払った人にはリサイクル券が発行されます。こうしてリサイクルする時の費用の負担を車の所有者も行う事によって、廃車・リサイクルが正しく行われるようになり、不法投棄等の社会問題の解決に繋がっています。ただ1回納付すれば何度も納付する必要はありません。

 

リサイクル券を無くした場合は?

また、中古車買取専門店に買い取って貰う場合は、このリサイクル券が必要です。しかし再発行は基本的に行われていない為、紛失してしまった場合は自動車リサイクルシステムのサイトにアクセスして、預託状況をプリントアウトしておきます。そうすれば、リサイクル料を納めているという証明になります。ただ大体の場合は車検証と一緒になってダッシュボードの中等に入っている為、まずは業者に見てもらう前に自分でそこに入っているかどうかを確認しておきます。

 

リサイクル料は払わないといけない

中古車買取専門店に売却する場合は、この費用が後日個別で返還されるという事は少なく、多くの場合は査定額にその金額も含んで計算しています。ただ業者によっても費用の内訳表記が違う為、査定額を見てその内訳を聞くと何がそのお金なのかという事を教えて貰う事が出来ます。中にはこの費用を返還せずに自社の利益としてしまう業者も無いとは限らないので、査定の内訳で分からない点がある場合はその点について聞く事は車の所有者の義務です。こうして中古車買取専門店に買い取って貰う時は、リサイクル料が戻ってくるという仕組みになっていますが、また自分が新たな車を買う時は、この費用を払う事になります。

 

人によってはこの料金は新車、中古車を購入する場合は必ず前払いで納め、さらに売却する時には戻って来ないと思っている人もいますが、実際にはそうではありません。本来はその人が所有している車に対して支払う物です。だからその車の所有者でなくなった時には以前納めたお金はそのまま戻ってきます。しかし扱いや手続きの点から業者の中には違った名目の名前にして車の所有者に返還するという事も有ります。

 

あくまでもこの費用は車の最終的なオーナーが負担するというルールになっているため、実際に手放す場合、さらに廃車ではなく買取りを利用する場合は自分の手元に帰ってくるお金と言う事になります。